居座るということ。

二〇一九年も四ヶ月目に入り、そんな日々の雑記。 ○居座るということ いつもいつも大仰なことを言うなあと自覚しつつ。最近の自分は毎日死に向かって生きていることを感じるし、考えるようにしている。あと何年生きるか分からないが、…