キャンセルするということ。

どうも、須貝です。


1週間まるごとワークショップ、始まっております。
初めてお会いする方ばかりで、ちょっと緊張しましたが、新しい出会いはいいですね。身が引き締まります。

が、ちょっと思うことがあって…こういう考え方の人間もいるよということを知ってもらえれば。


主に俳優さんに向けて。キャンセルするということに関して、皆さんどう思っていらっしゃるでしょうか。

昨日のワークショップ、僕が受け持った回では、前もってのキャンセルも含めて最終的に人数が半分になりました。前日のキャンセルだけで人数分が3分の2に減りました。

皆さん、事情はお察しします。急用が出来た、これは仕方がない。稽古がある、これも仕方がない。体調を崩した、そういうこともあるでしょう。全て仕方のないことだと思います。

ただ一つ、絶対に忘れないで欲しいのは、あなたたちは特別ではない、ということです。なので、来なかったあなたの評価が来てくれた方の評価を上回ることは絶対にありません。あなたはキャンセルした、直前に来られなくなった、それでもあなたの評価は変わらない、などと、甘いことを考えているようでしたら、もう一度考え直して下さい。

僕らも人間ですので、感情があります。どうしても細かなことに左右されます。さらに、演劇の場は繋がりが密で、どこで誰と繋がっているか分かりません。
もちろん今回キャンセルされた方のことを別の場で悪く言うなどということは決してありません。そこまで人間小さかありません。が、どこでどんな形で自分の名前が現れているか、ワークショップ一つキャンセルすることで結果何がもたらされるのか、その辺りのことを覚悟を持って決断して下さい。

急用が出来た、他の用事が出来た。度合いにもよりますが、ということはこっちは最優先ではなかったのだな、と思う人もいるでしょう。
用事があったのを忘れていた。この人はスケジュール管理が出来ない人なのだと思う人もいるでしょう。
体調を崩した。この人は体調管理が出来ないのだな、稽古や本番でも体調を崩してしまうかもしれない、この人を使うのはやめよう、と思う人もいるでしょう。

色んな考え方をする人がいることを忘れないで下さい。何が評価を下げるか分からないことを知っておいて下さい。

芸事は理不尽です。芸事において、他人の評価は絶対です。あなたの事情なぞ知ったこっちゃありません、と言われても反論出来ません。反論しないで下さい。

少なくとも僕のワークショップをキャンセルするのであれば、僕と今後一生仕事が出来ないかもしれないと思って下さい。その上でご連絡下さい。僕は今回のことを受けて、僕が有名でないから、なめられているからこういうことになったんだ、だからもっと頑張ろうと思いました。なめられないように頑張ります。


また、キャンセルするにしても事情は出来るだけ詳細に連絡した方がいいです。急用や用事や事情などと言われても、正直どうとでも解釈出来ますし、普通は悪い方に考えます。
メール一つ送るにしても、せめて「ご担当者様」くらいは文頭につけた方がいいでしょう。演劇人も社会人です。同じキャンセルでも、全く嫌な気持ちのしない方もいらっしゃいました。その方のメールは素敵でした。
連絡をしない、というのは最悪です。会社や学校を休む際も同じことをするのですか?


繰り返し言いますけど、キャンセルしなきゃいけない、それ自体は仕方ありません。その代わり、その結果は必ず、どんな形式の誰のワークショップでも、絶対に重く考えて下さい。それがプロです。


お芝居の予約のキャンセルも同じですね。僕も昔はその辺りの認識が甘くてたくさんキャンセルしましたけど、今は絶対にしません。行けないかもしれない要因が少しでもあったら予約しません、今は。

Twitterだろうがメールだろうが予約フォームだろうが、その先には人間がいます。舞台と同じです。僕らの上がる舞台の先には必ずお客様がいらっしゃいます。

いつでも最後には人間が待っていることを、決して忘れないで下さい。



以上、長々と失礼しました。



2 Comments

1週間まるごとワークショップ、2日(月)から!

どうも、須貝です。

ゴールデンウィーク、始まりましたね。皆さんはどこへご旅行されるのでしょうか。それとも家でダラダラする派ですか?

主に前者と後者の間くらいの気持ちでいるお方!うってつけのイベントがございますよ!7日間まるごと俳優・女優ワークショップやっちゃいます!しかも講師の方が様々!

1コマからの受講も可能ですので、お気軽にご応募下さい!プログラムによっては見学も可!ご相談下さい。

須貝は2、4、6、8日の11:30-14:30を担当しています。お待ちしてますよー!



【1週間まるごとワークショップ in GW】

monophonic orchestra主催の俳優ワークショップを5月2日(月)~8日(日)までの1週間で開催します!
1週間ずーっとワークショップ!応募条件はありません。出演歴や経験の有無、所属などの制限は一切なし!
普段多方面で活躍する8人の講師陣が一堂に会しての開催。貴重な機会ですよ!

各日程の担当講師は以下の通り。詳細はワークショップタイトルをクリックして確認して下さい!


1.プログラム

2日(月)
◼11時30分~14時30分 須貝英『初見で脚本を読み解く最速読解術①』 定員15名
◼15時30分~18時30分 一色洋平『自分で自分の身体に飽き、驚く』 定員20名
◼19時30分~22時30分 一色洋平『自分で自分の身体に飽き、驚く』 定員20名

3日(火)
◼11時30分~18時30分 大石憲『一人芝居を創ってみよう!』 定員15名
◼19時30分~22時30分 一色洋平『自分で自分の身体に飽き、驚く』 定員20名

4日(水)
◼11時30分~14時30分 須貝英『初見で脚本を読み解く最速読解術②』 定員15名
◼15時30分~22時30分 佐野功殺陣WS『筋肉痛のススメ』 定員20名

5日(木)
◼11時30分~14時30分 一色洋平『自分で自分の身体に飽き、驚く』 定員20名
◼15時30分~18時30分 伊藤靖浩『俳優の為の、呼吸、発声、歌唱と実戦(呼吸法)』 定員20名
◼19時30分~22時30分 伊藤靖浩『俳優の為の、呼吸、発声、歌唱と実戦(発声法)』 定員20名

6日(金)
◼11時30分~14時30分 須貝英『説得力のある演技をしよう①』 定員15名
◼15時30分~18時30分 金崎敬江『物語る身体をもっている』(基礎) 定員20名
◼19時30分~22時30分 金崎敬江『物語る身体をもっている』(基礎) 定員20名

7日(土)
◼11時~14時30分 小沢道成『次回作や今後に向けての創作ワークショップ』 ※定員に達しました!
◼15時30分~18時30分 とみやまあゆみ『やってみてみてみて、』 定員20名
◼19時30分~22時30分 伊藤靖浩『俳優の為の、呼吸、発声、歌唱と実戦(歌唱法と芝居発声の実戦)』 定員20名

8日(日)
◼11時30分~14時30分 須貝英『説得力のある演技をしよう②』 定員15名
◼15時30分~18時30分 金崎敬江『物語る身体をもっている』(創作) 定員20名
◼19時30分~22時30分 佐野功殺陣創作WS『ススメのススメ』 定員20名

※定員に達したカリキュラムはキャンセル待ちでのご応募となります。下記メールアドレスにご連絡下さい。


2.参加費
各回 2,000円(税込)

※3日11:30-18:30の大石WS、4日15:30-22:30の佐野WSの参加費は3,000円(税込)です。


3.応募方法
※応募の締切は各開催日の前日24時までとさせて頂きます。

○URLから
http://monophonicorchestra.com/workshop-form
※複数のワークショップを受講される場合、お手数ですが1カリキュラムずつご送信下さい。

○メールから
1.氏名 2.年齢 3.性別 4.希望ワークショップ(複数回答可) 5.連絡先(電話番号・メールアドレス)

以上の情報を本文にご記入の上、件名を「ワークショップ応募」として以下のアドレスにご連絡下さい。

monophonic.orchestra@gmail.com


4.会場
笹塚メソッド
〒151−0073
東京都渋谷区笹塚3−9−3ケイオービルB1F
※スタジオへの直接のご連絡はご遠慮下さい。
※キャンセルなどのご連絡は下記連絡先までお願い致します。


5.お問い合わせ
Mail : monophonic.orchestra@gmail.com
HP : http://monophonicorchestra.com/

※当日の遅刻連絡や欠席に関しましては、ワークショップ期間中のみご使用頂ける電話番号を参加者の方にのみ直接お伝え致します。スタジオへのご連絡はお控え下さい。スタジオへご連絡頂いてもご対応致しかねます。


皆様のご参加を心よりお待ちしております!


コメントは受け付けていません。

サイクルサークルクロニクル!

どうも、須貝です。

ついに3月も終わりますね。本格的な春の予感。桜も満開に近い様子。花見の季節です。

そして、そんな新学期にふさわしい作品を来週6日(水)からやっちゃいます。モノフォニックオーケストラの第8回目の公演です。

昨年やらせて頂いたAPOCシアターで、昨年と同じく通年ワークショップの発表公演をやりますよ!とはいえ本公演としてガチッとやります。
1年間苦楽を共にした座組みでお送り致します。

舞台は大学。時の止まった女と時の過ぎ去った男のある触れ合いの物語。青春であり現在進行形の何かであり、とにかくあなたの今を進める作品です。

お楽しみに!



monophonic orchestra 8
『サイクルサークルクロニクル』
——————————————————-
何周しても出会えない
何周しても分からない
何周しても追いつかない
何周すればあの人と
わたしのわっかが繋がるの?
——————————————————-


■チケット予約フォーム
http://monophonicorchestra.com/cycle

■脚本・演出  須貝 英(monophonic orchestra)

■日程
2016年4月6日(水)~11日(月)

■会場
APOCシアター
(小田急線千歳船橋駅より徒歩約1分)
〒156-0054 東京都世田谷区 桜丘5-47-4

■出演
岩永 彩
木村 恵美子(kazakami)
小宮山 隆
佐藤 大治
堀田 創(ECHOES)
湯谷 崇仁
横井 めぐ美(演劇集団TOY’s BOX)
依田 玲奈
レベッカ(DE PAY’S MAN)

■タイムテーブル
4月
6日(水) 19:00
7日(木) 19:00
8日(金) 14:00/19:00
9日(土) 14:00/19:00
10日(日) 14:00/19:00
11日(月) 14:00

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

■チケット(全席自由)
前売・当日 2,500円(税込)

■チケット予約フォーム
http://monophonicorchestra.com/cycle

※こちらのフォームはご観劇前日の24時まで使用できます。それ以降のご予約はメールにてお願い致します。
1)お名前 2)ご観劇日時 3)枚数 4)ご連絡先 をご明記の上、件名を「予約」として下記のメールアドレスまでご送信下さい。

■お問い合わせ
HP http://monophonicorchestra.com/
Mail monophonic.orchestra@gmail.com
Twitter https://twitter.com/monophonic_orc

コメントは受け付けていません。

本日、劇場入り!

どうも、須貝です。


遅ればせながら、本当に遅ればせながら、monophonic orchestra 7 『浮遊』、無事終演致しました。ご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。
是非また再演したいです。最高の経験でした。その日をお楽しみに。DVDも出ると思います。そちらもお楽しみに。


演出と脚本を務めております、ルソルナ旗揚げ公演『春は夜来る』が本日ついに劇場入りです。ついにここまで来ました。2/4(木)に初日を迎えます。
まだまだお席ございますので、是非ご来場下さいませ。詳細は文末に載せさせて頂きます。


また、脚本を書かせて頂きました、一色洋平×小沢道成『巣穴で祈る遭難者』もチケット発売が開始致しております。詳細こちらから。
チケット売れ行き超好調らしく、既に完売回が出ているとのこと。お早目のご予約を!

脚本会議動画なんてものも公開されてますよ。



最近思ったことをいくつか。



・脚本を書く機会が増えた分、こちらでの投稿が減っていますが、考えや感情が煮詰まるとやはりここへ帰って来るというか。十年間自分の発表の場だったので、活動の報告だけでなく、今後も細々と言葉を紡ぐ場所にしておきたいという気持ちがあります。


・遠回りをして、近道があることを知りながらあえて遠くを歩いているつもりでいて、でもそれは歩くべき道がたまたま長く遠かっただけで、自分はただやれることを自分なりにやって来ただけだったのだと知る。遠くもなく近くもなく、そうあるべきだと思って歩いた、それはただの道。比べることさえしなければ、遠くも近くも関係ないと知ることが出来るのに。人の世の中にあって、その道が正しさの輝きの中にあれと思う。


・他人を批判することにも他人を攻撃することにも疲れて、距離を置くだけになった。もしくは、受け入れられるのであればそうするようになった。闘うべき時と場を弁えるようになった。もしくは、そうありたい。


・限られた時間の中で何をするか。もしくは何をしたいと考えていて、そのためにどうやって時間を限るか。何かを成し遂げるためには圧倒的な体力と圧倒的な精神力が必要だと改めて思う。


・記憶にある限りいつなったかを覚えてもいないインフルエンザの高熱の中で、気が付けばなぜ行ったと彼らの名前をなぞって、誰にでも同じ経験はあるのだろうさ、でも俺には耐えられないと思った。どうせ他人でいるつもりなら、分かるふりもせず説教もせず同情もせず、ただ通り過ぎてくれればいいのに。自分なりに折り合いをつけられるようになるまで、何度でも頭の中で焼き直させてくれ。いつまでも責めさせてくれ。後悔を日々の糧とさせてくれ。いつ終わるかなんて俺に分かるはずがないだろう。たまに、ふと、無性に、寂しい。


・これも何かの経験になると嫌々呑み込んだことどもの、結局の生きることへの生きなさ。納得と熱意がなければ浪費でしかない。


・今頭の中にある物語の種。「すれ違い」と「手紙」と「離婚」。


・優しくありたい。優しくなりたい。背筋を伸ばして強くありたい。真っ直ぐ見つめて逃げずにいたい。恐れずにいつまでもきれいごとを吐いていたい。


・Every moment you spent, Every feeling you have, Every step you take.




間もなく開演です。冬と春のはざまの話。

秋と冬のはざまも好きだし、冬と春のはざまも好き。
生きている中で今が冬、今が春と感じられることはそれほど多くなく、大抵どこかのはざまであるように感じるのでは。

でもたまに、はっきりと季節を感じることもあるのです。贈りもののように。
今回はそういうお話です。お楽しみに。


ルソルナ旗揚げ公演

『春は夜来る』

2016年2月4日(木)~8日(月)

王子小劇場「俺がやらなきゃ誰がやる」企画 第5弾
————————————–
流れ流れて二人旅
姉妹が巡る冬列島
春はまだ来ぬ春は来ぬ
今はまだ来ぬ夜に来る
————————————–
【脚本・演出】
須貝 英(monophonic orchestra)

【出演】

岸田 エリ子(演劇ユニット ルソルナ)
陽田 奈緒(演劇ユニット ルソルナ)

伊与勢 我無(ナイロン100℃)
ヨシケン(動物電気)
大石 憲(monophonic orchestra)

綾乃 彩
小林 春世(演劇集団キャラメルボックス)
櫻井 孝之

岩永 彩
湯谷 崇仁
成田 汐里

アコーディオン奏者
仲条 幸一


【タイムテーブル】
2月4日(木)19:30
2月5日(金)14:30/19:30
2月6日(土)12:00/17:00
2月7日(日)12:00/17:00
2月8日(月)14:00
全8ステージ

【チケット】
前売 2800円
当日 3000円

【会場】
王子小劇場

東京都北区王子1-14-4 地下1F
「王子」駅より徒歩5分。
JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から北本通りを直進。
「鑑定倶楽部」というお店の地下です。

【予約】以下のURLにアクセスして、必要事項にご記入下さい。
http://ticket.corich.jp/apply/69538/003/

コメントは受け付けていません。

浮遊。

どうも、須貝です。ご無沙汰しております。

先日誕生日を迎え、三十一になりました。怖いです。引きました。
若いつもりでいましたが、世間が許してくれなそうです。


というわけで、十二月末に『浮遊』、始まります。正確には二十三日の天皇誕生日が初日です。
再演ですが、話は全て書き換えているのでほぼ新作です。

現在稽古中ですが、今回新たに試みていることもあれば、意識せず前回と同じことをやっているなということもあって、それが変わったこと・変わらないことなのかなと思いつつ、前は分からないなりに必死にやっていたことを、今回は分かりながら必死にやり、さらに分からないことにも挑戦していくぜという、そういう気概でやってます。

そして、今回は何と言っても、須貝が出ます。モノフォニで役者をやるのは第二回公演以来なので、四年ぶりです。役者自体もほぼ一年ぶりです。こえぇ。
もう役者はやめたと思われてるっぽいですが、そんなことはありません。需要がないだけです。頑張ります。
自分に対するお情けで役を与えたと言われるのは癪なので、この役は須貝さんにしか出来ないよ!って言われるようにしたいと思います。

今回は席数少ないので、お早目のご予約を!切に!



monophonic orchestra 7
『浮遊』


——————————————————-
マンション
リビング
マグカップ

あなた
わたし
あの男

この生活に、名前が付かない
——————————————————-
fuyu.front
■脚本・演出  須貝 英(monophonic orchestra)

■日程
2015年12月23日(水・祝)~27日(日)

■会場
明大前KID AILACK ART HALL
〒156-0043 東京都世田谷区松原2-43-11
(京王線・京王井の頭線明大前駅より徒歩2分)

■出演
大石 憲(monophonic orchestra)
須貝 英

小野川 晶(虚構の劇団)


■予約開始日
・先行予約 2015年10月10日(土) 10:00←終了致しました。
・一般予約 2015年10月31日(土) 10:00

■タイムテーブル
12月
23日(水) 20:00★
24日(木) 15:00/20:00
25日(金) 20:00
26日(土) 13:00/18:00
27日(日) 13:00

※★=初日割引
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。ご入場は先行予約のお客様を優先させて頂きます。
・先行予約のお客様→開場と同時にご入場頂けます。
・一般予約のお客様→開場10分後にご入場をご案内致します。

■チケット(全席自由)
前売・当日  3,000円
※初日割引  前売・当日 2,800円

■チケット予約フォーム
http://monophonicorchestra.com/fuyu

■イープラス
23日(水)20時開演の回
それ以外の回

※チケットのご予約は劇団メールアドレスでも受け付けさせて頂きます。


■お問い合わせ
HP http://monophonicorchestra.com/
Mail monophonic.orchestra@gmail.com
Twitter https://twitter.com/monophonic_orc

fuyu.back

コメントは受け付けていません。