出るところには出る

投稿日 2011年3月23日 水曜日 | コメント コメント(5)

ながらく滞ってしまって申し訳ありません。

先週の日曜日、私がパリで最も気になっていた場所のひとつに

行ってきましたのでご報告いたします。

それは「下水道博物館」

パリのエッフェル塔のたもと、セーヌ川沿いにあります。

ここではパリのリアルな下水道の中を通りながらその歴史を学ぶことが出来ます。

こんな晴れた気持ちのいい日曜日に

こんな博物館に来る人いないだろう・・・と思っていたら

ひきも切らずに人が入っていました。

これが入口です。すでに薄暗い。

中はこのような感じ。

けっこうみんな真剣に展示に見入っています。

大人の団体や子供連れが多かったです。

中はいくつもの通路に分かれています。

この右側の暗くて細い道からでも通り抜けできます。一応。

ここは行き止まりのようです。

面白かったのは、地下にもきちんと通りの標識がついていること。

途中、突然スポットライトに照らされた作業服姿のマネキンにびっくりしたり。

突然ざーっと水の流れる音がしてびっくりしたり。

昔使われていた重機もそのままごろんと置かれています。

これは一体何かと思ったら、

どうやら汚水をある一定方向に流すための大きな鉛のボールのようです。

これを見て一緒に行った旦那が一言、「元気玉みたい」と。

ここの博物館、もちろん臭いもほんものです。

足元の網目の下にはほんものの下水が流れています。

そんな中で記念写真を撮る先ほどの親子連れ。

私たちも足元に若干びくつきながら記念写真を撮りました。

ここの博物館のミュージアムショップでは

下水道界(?)のマスコット

ネズミのぬいぐるみが売られていました。

昔使っていた重機の設計図のレプリカ。なかなか素敵です。

そんな中でわたしが一目ぼれしてしまったのはこれ。

働く下水道マン。おひとつ2.5€。

さっそく家の鍵に付けました。

博物館にいた作業員の方が教えてくれたところによると

ちょうど1€のコインとおなじ大きさなんだそうです。

これが出口。明るい地上に上がると、ちょっとほっとしました。

セーヌ川沿いのアパルトマンは風光明媚で日当たりもよく

とても素敵な建物が並んでいるのですが

不動産屋さんに聞いたところ、

パリの住まいは古くからの建物を何度も直して住んでいるため

どんなに綺麗にしてある建物でも

ネズミは「出るところには出る」そうです。

ペイネとダロワイヨ

投稿日 2011年3月01日 火曜日 | コメント コメント(2)

お誕生日兼バレンタインのプレゼント

缶の中にはチョコレートと飴の詰め合わせ。

わたしが箱を見た途端

「わあ、ペイネだ!」と言ったら、主人が

「え、ペイネて何??」と。

あれれ、知らずに買ったようです。

———————————————————————-

レイモン・ペイネ(Raymond Peynet)

Wicipediaより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%8D

「愛の世界旅行」というアニメーションで私は知りました。サントラも素敵です。

Amazonより

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%8D-%E6%84%9B%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%97%85%E8%A1%8C-DVD-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88/dp/B000065BFU

まるでイラストの中を旅しているようなアニメーション。配色と動きがかわいい。

世界中を旅する中で、中国と日本がごっちゃになっているところがちょっと悲しいけれど・・・

お色気も少々交えてのLove&Peace

70年代の風潮もちょっと見え隠れしていて

とても素敵な映像です。

——————————————————————

その後日、通りかかったダロワイヨのお店。

今年のダロワイヨはペイネとコラボしていたようです。

バレンタインは過ぎてしまったけれど

かわいらしいディスプレイを見ることが出来ました。

おいしそうなケーキたち・・

チェス盤もありました。

ついお店の中に入って、ケーキを買うことに。

主人が「ミルフィーユがいい、こちらのミルフィーユは間違いないから」

と力説するので、バニラ風味とキャラメル風味のミルフィーユを買いました。

・・・と、ここで写真を入れるつもりが、撮る前にがっついてしまいました。すみません。。

パイ生地の部分もしっかり。クリームもとても濃厚でおいしかったです。

————————————————————————-

びっくりしたのが、お店で見た時よりなぜが家に持ち帰った時のほうがケーキが大きく見えたこと。

日本で食べたことのあるダロワイヨのケーキよりどれもひとまわり大きいような気がしました。

一人ひとつ食べきれず、冷蔵庫で保管して翌日半分食べることに。

しかし、冷蔵庫に晩のおかずの用意(にんにく大量)を入れていたら

生地になんとなくにんにくの風味が。うう、後悔・・

でもおいしくいただきました。

ダロワイヨでは、ケーキやチョコレートの他にも高級お惣菜やパンなどが並んでおり

またちょっとずつ買いにいけたらいいなと。

二階ではお食事もできるのでいつか行ってみたいです。

——————————————————————————-

(おまけ)近くの古本屋さんで見かけた、ペイネの本。

落書きするなら

投稿日 2011年2月28日 月曜日 | コメント コメント(5)

車の中から見た、落書きの風景・・

パリも郊外へ出る幹線道路沿いとなると

治安もあまり良くなく、街並みの雰囲気も少々さみしい感じがします。

昨年の12月に来たときも思ったのですが

パリの郊外であまり精度の高い(?)グラフィティを見たことがありません。

せっかくレンガ造りや石造りの建物に落書きしてしまうなら

もっと気合いを入れてやらんかい

・・・なんてちょっと思ったりしました。

————————————————————————————–

わりあい気合いの入ったグラフィティは

メトロの線路、地下鉄が実際に走っているトンネルの壁沿いに多い気がします。

そこに書くということは、地下鉄にもぐって書こうという

気合いからして違うのかも・・・

ただし地下鉄の中でカメラやiPhomeを取り出して

ぱしぱし撮るのは正直気が引ける(スリもこわい)ため

地下鉄乗った時に暗い車窓から眺めているだけです。

もしパリにお越しの際は、ぜひ地下鉄のトンネルの中も見てみてください。

駅もそれぞれ特徴があって面白いです。

様子のおかしげな人も多いですが・・

駅の様子はまた別の機会に書こうと思います。

ちなみに主人と「PLOTE」てなんだろう、と話をしていましたが

電子辞書で調べてもよくわかりませんでした。

今日から語学学校へ通うことになるのですが

そこで聞いてみたいような聞いてみたくないような・・

すごい落書き(!?)をパリで見つけたら

またレポートしたいと思います。

エッフェル塔のお膝元

投稿日 2011年2月27日 日曜日 | コメント コメント(6)

渡航から三日目、ようやくパリで「晴れ間」というものに出会えました。

晴れると街並みの景色が一変してとても気持ちがいいです。

車で出掛ける途中、気になるものを見つけました。

思わず金のうんこだ!と。(失礼)

隅田川沿いにあるアサヒビールの吾妻橋ビルを思い出しました。

あれも炎のデザインしたものだそうで。

私はつい最近までビールの泡がモチーフだと思っていました。

こちらはどうやら「自由の女神」の持つ「たいまつ」のようです。

・・・ちなみにエッフェル塔の近くまでは歩いたことがありません。まだまだ寒くて…

暖かくなったらお散歩がてら金のうんこ(度々ごめんなさい)の正体を確認しようと思っています。

ちなみにエッフェル塔の隣の美術館では今「ドゴン族」の企画展をしているそうです。

ドゴン族(wikipedia)より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%B4%E3%83%B3%E6%97%8F

Ovni(パリの日本人向けフリーペーパー)より

http://www.ilyfunet.com/sortir-culture/expos/503_expos.html

車の中で「すごい!ドゴン族の展示だなんて!」とひとり興奮していましたが

主人はいまいちよくわからなかったようです。

今年の7月21日までだそうなので、こちらも暖かくなったら観に行こうと思っています。

・・・ちなみにまだルーブル美術館にもオルセー美術館にも行っていません。

この翌々日にようやくパリにある美術館に初めて行くことになるのですが

それはまた改めて書こうと思います。

パリの東急ハンズ

投稿日 2011年2月24日 木曜日 | コメント コメント(4)

フランス渡航の翌日、「東急ハンズみたいなところがある」と言われ

旦那に連れて行ってもらったところがBHV(べー・アッシュ・ヴェー〉です。

http://paris.navi.com/shop/9/

ほんとうに東急ハンズとデパートをいっしょくたにしたような

私にとっては夢のようなお店でした。地下鉄から直接お店に入れることもあり、とても便利。

高級ドアノブの売り場。おひとつ300€から。

こちらのひとは家のこまごましたものをひとつひとつ選んで自分たちで作るんだなあと思いました。

ただし、東急ハンズやデパートと同じく、基本は定価で販売されているため

「けっこうどれも高いなあ・・」とついため息。

机と椅子をさがしていましたが、IKEAで買うことにしました。

そんな中でひとめぼれして買ってしまったのがこのふたつ。

黒猫です。あわあわです。

おひとつ10€くらいでした。

ひとつにはマルセイユせっけんを入れて、もうひとつにはハブラシを入れて

洗面所に置いて毎日使うことにしました。

お店の中ではついつい目移りしてしまいしばし迷子に。

ついつい色々と手に取ってみたくなり

また来ようと固く心に誓ったのでした。

« 前のページ次のページ »

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

pomme -フランス借り暮らし日記-

はじめまして。 純日本人の田舎者のわたくしが今年いっぱい夫婦ふたりフランスで生活することになりました。 まったく海外での生活の経験がなく、友達もいなく、パソコンもよくわからずフランス語はもちろん英語もすでに挫折ぎみですが 少しずつがんばっていこうかと。 ここではパリの借り暮らしの毎日で気になったことを つづっていけたらいいなと思っています。 それではどうぞよろしくお願いします。