正体を確認してきました

投稿日 2011年3月24日 木曜日 | コメント コメント(5)

セーヌ川沿いをお散歩し

下水道博物館を見た後に

気になっていた「あれ」の確認に行きました。

自由の女神の持つ「たいまつ」でした。

「金のうんこ」ではありませんでした。(度々すみません)

こちらで記念写真を撮っているひとも。

本当にこの日はぽかぽかといい天気で

お散歩しているひとをたくさん見かけました。

———————————————————-

そして気になっていたものをもう一つ。

そうそう、ドゴン族の企画展。

ケ・ブランリー美術館というところです。

4月からということなので楽しみにしています。


コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメント(5)

  1. asamin

    どっちの写真もさりげなくエッフェル塔うつってていい感じすね。パリっ子にとってのエッフェル塔って東京人にとっての東京タワーと同じ感じなんだろうか。

    ドゴン族の企画展、やっぱり気になる。。

    返信
  2. mai

    〉asaminさんへ
    まだエッフェル塔は車で近くを通ったことしかありませんが、
    下の方から見上げると鉄骨の組み具合がいい感じですよ。

    東京タワーというと、
    残業中にふとビルの窓から明りが見えて・・
    という風景を思い出します。

    おそらくフランス人はそんな感慨で
    エッフェル塔を見ることはない(はず)

    東京タワーは近くにいくとようやく足元が見えて
    改めて見上げて「おおきいなあ」という感じですが

    パリ市内には高い建物が少ないせいか
    遠くからでもエッフェル塔が足元から見えます。

    ちなみにこの金たいまつのある道路の下にあるトンネルで
    ダイアナ妃は交通事故にあったのだとか。

    この松明の足元にはダイアナ妃への慰霊碑として
    献花やメッセージなどが絶えなかったそうです。
    後から知りました。確認不足ですみません。
    でも改めてこんな街中で事故にあったのだと驚きました。

    ドゴン族の企画展は全力でレポートしますね。

    返信
  3. asamin

    本文よりコメントの方が長い!
    ダイアナ妃、もう十年以上たってるんだね。。

    なんにせよドゴン族企画展レポート楽しみにしてます!

    返信
  4. mai

    〉asaminさんへ
    後から知ったので、つい。
    コメント欄に色々書いてしまいました。

    本文はなるべく写真たくさんにしようと思っています。

    ちなみに今年ロイヤル・ウエディングの
    ウィリアム王子て1982年生まれなんだね。
    こちらも最近知りました。

    返信
  5. asamin

    彼も華の82年組か。

    返信

コメントする

Additional comments powered byBackType

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

-フランス借り暮らし日記-

はじめまして。 純日本人の田舎者のわたくしが今年いっぱい夫婦ふたりフランスで生活することになりました。 まったく海外での生活の経験がなく、友達もいなく、パソコンもよくわからずフランス語はもちろん英語もすでに挫折ぎみですが 少しずつがんばっていこうかと。 ここではパリの借り暮らしの毎日で気になったことを つづっていけたらいいなと思っています。 それではどうぞよろしくお願いします。