ペイネとダロワイヨ

投稿日 2011年3月01日 火曜日 | コメント コメント(2)

お誕生日兼バレンタインのプレゼント

缶の中にはチョコレートと飴の詰め合わせ。

わたしが箱を見た途端

「わあ、ペイネだ!」と言ったら、主人が

「え、ペイネて何??」と。

あれれ、知らずに買ったようです。

———————————————————————-

レイモン・ペイネ(Raymond Peynet)

Wicipediaより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%8D

「愛の世界旅行」というアニメーションで私は知りました。サントラも素敵です。

Amazonより

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%8D-%E6%84%9B%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%97%85%E8%A1%8C-DVD-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88/dp/B000065BFU

まるでイラストの中を旅しているようなアニメーション。配色と動きがかわいい。

世界中を旅する中で、中国と日本がごっちゃになっているところがちょっと悲しいけれど・・・

お色気も少々交えてのLove&Peace

70年代の風潮もちょっと見え隠れしていて

とても素敵な映像です。

——————————————————————

その後日、通りかかったダロワイヨのお店。

今年のダロワイヨはペイネとコラボしていたようです。

バレンタインは過ぎてしまったけれど

かわいらしいディスプレイを見ることが出来ました。

おいしそうなケーキたち・・

チェス盤もありました。

ついお店の中に入って、ケーキを買うことに。

主人が「ミルフィーユがいい、こちらのミルフィーユは間違いないから」

と力説するので、バニラ風味とキャラメル風味のミルフィーユを買いました。

・・・と、ここで写真を入れるつもりが、撮る前にがっついてしまいました。すみません。。

パイ生地の部分もしっかり。クリームもとても濃厚でおいしかったです。

————————————————————————-

びっくりしたのが、お店で見た時よりなぜが家に持ち帰った時のほうがケーキが大きく見えたこと。

日本で食べたことのあるダロワイヨのケーキよりどれもひとまわり大きいような気がしました。

一人ひとつ食べきれず、冷蔵庫で保管して翌日半分食べることに。

しかし、冷蔵庫に晩のおかずの用意(にんにく大量)を入れていたら

生地になんとなくにんにくの風味が。うう、後悔・・

でもおいしくいただきました。

ダロワイヨでは、ケーキやチョコレートの他にも高級お惣菜やパンなどが並んでおり

またちょっとずつ買いにいけたらいいなと。

二階ではお食事もできるのでいつか行ってみたいです。

——————————————————————————-

(おまけ)近くの古本屋さんで見かけた、ペイネの本。


コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメント(2)

  1. Kuuuri

    パリ生活いろいろ楽しそうだねー
    私もご主人と同じ感想・・「ペイネってなんだ?」って感じだけど、さすがもの知りmaiさん。

    返信
  2. mai

    ペイネはかわいいバージョンと
    ちょっと大人めお色気バージョンとあって
    なかなか面白いです。

    わたしもKuuuriさんみたくきれいに写真撮れるといいんだけど、、
    ウィンドウは映りこみがはいってむずかしいね。
    おいしいケーキ屋さん、少しずつ行ってみたいと思っています。

    ぜひスペインも行ってみたいな♪

    返信

コメントする

Additional comments powered byBackType

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

-フランス借り暮らし日記-

はじめまして。 純日本人の田舎者のわたくしが今年いっぱい夫婦ふたりフランスで生活することになりました。 まったく海外での生活の経験がなく、友達もいなく、パソコンもよくわからずフランス語はもちろん英語もすでに挫折ぎみですが 少しずつがんばっていこうかと。 ここではパリの借り暮らしの毎日で気になったことを つづっていけたらいいなと思っています。 それではどうぞよろしくお願いします。